LET YOUR LIFE BE MORE BRILLIANT.

FEELCYCLEぼっち会員が思ったことを淡々と書いていくブログ

FEELCYCLEにおけるインストラクターの良し悪しとは

 

FEELCYCLE会員のタイプには自分集中型とインストラクター依存型の二つがあるように思います。もちろんその度合いは人ぞれぞれなので、そのどちらか一方にしか当てはまらないというのではありません。あくまでチャート軸の話です。

自分集中型の会員はインストラクターをあくまでサポート役としか捉えていないので、インストラクターに対してそこまでこだわりが無い点が特徴です。多少の好き嫌いや相性の違いはあるにせよ、どのインストラクターでも一定以上の高い満足感を得ることができます。

一方でインストラクター依存型は「この人じゃなきゃ駄目だ」というほどのめり込む人のことで、インストラクターへのこだわりが強い傾向があります。特定のインストラクターのレッスンに毎月数千円~数万円の課金を行いお気に入りのバイクを抑え、そのインストラクターからアパレルも頻繁に購入します。


さて、本題ですが、タイトルにもあるようにFEELCYCLEにおいて良いインストラクターとはどのような人のことをいうのか少し考えてみたのですが、あえて言うならその基準は以下のような項目で判断される気がします。

・レッスン中の指示出しのタイミングが適切か
・レッスン中にはっきりと大きな声で指示を出しているか
・レッスン中に受講者を気にかけているかどうか
・レッスン中のフォームがきれいかどうか
・レッスン中のミスが多いか少ないか
・レッスン中に受講者のモチベーションを上げようとしているか
・会員のことを考えた接客対応をしているかどうか
・会員によって接し方(態度)を変えているかいないか
・ルックスや声などの感覚的な好み

 

おそらくこれらの基準それぞれを複合的に見て、会員は自分にとっての良いインストラクターを見極めているのではないかと思います。ただしこれらもあくまでチャート軸の例であって、たとえば「レッスン中のフォームがきれいかどうか」を気にしている会員も居れば気にしていない会員も居ます。

 

私は、インストラクターでもなんでも同じだと思うのですが、受け手の価値判断が生まれる商品やサービスに関しては、ある一定レベルの質を超えていればそのあとの好き嫌いは相性の問題ではないかと思います。

「好きな食べ物は?」と聞かれれば「~~が好きです」と答えることはあっても、実際は他にも好きな食べ物ってたくさんありますよね。そして人によって「好きな食べ物」として挙げるものは違います。それと似ている気がします。

 

たとえば、日本人のほとんどの人がカレーが好きだとします。しかしカレーにはたくさん種類がありますし、店によってもこだわりは全く異なります。
そこで出てくるのが、「~~のカレーが一番美味しいから食べて!」と押し付けてくるような人です。

おすすめのカレー屋さんを紹介してくれるのはこちらとしては参考になるのでありがたいのですが、私からすると「確かにそれは美味しいのかもしれないけれど、それはあなたにとっての一番であって私にとっての一番ではない」という気持ちの方が上回り、逆にそのカレー屋に行くモチベーションが下がります。有難迷惑のような状態です。

 

私の場合は「~~のカレーは○○な特徴があるから(個人的に)美味しいと思う」というように紹介してくれれば、あとはそこに行くかどうかは自分で決めます。選択肢を与えてくれればその中から何を選ぶかは自分で決めたいんです。
押し付けてくるように何かを「絶対的なもの」として紹介してくる人に対しては、極端な話ですが「そんなに私にそれを体験して欲しいのであれば、そのお金をあなたが払ってくれるんですか?」とも思う時があります。

 

そもそもなぜこのようなことを考えたのかというと、2ちゃんねるでよく「~~のレッスンは絶対に良いから受けて!」と言っている人がいて、さらにその意見を否定する人よりも賛同している人の方が圧倒的に多かったのでそれを参考に他店遠征をしたところ、その情報が個人的にはほとんどアテにならなかったからです。
正確にいうとアテにならないというよりは「確かにレッスンは良いかもしれないけれど、チケットを買ってまで受ける価値は果たしてあったのだろうか」ともやもやした気持ちになったことが何度かありました。「これなら課金せずに受けられる自店のインストラクターさんで十分すばらしさを味わえる」と。


ただし、同じように2ちゃんねるで騒がれている他のインストラクターさんがたまたま自店にいらした際にタイミングが合ったので受けさせてもらっても、正直なところ「やっぱり自分とは合わないな」と思ったので課金云々ではなかったのかもしれません。


繰り返しますが、絶対的に良いインストラクターは居ないと思います。結局のところインストラクターとして最低限のものを提供してくれれば、そこから先は相性だと思うからです。
だからもしもおすすめのインストラクターが居たとしても、それを「会員全員が気に入る絶対的に良いインストラクター」として捉えるのはちょっと違う気がします。それは人によってそれぞれのチャート軸の比重が違っていて、多くの人が「良い」と思っているインストラクターに対して逆の意見を持つ会員も居るからです。

 

最後に、もしもたまたまこの私の意見を読んでくれたインストラクターさんがいらっしゃれば、たとえ自分のレッスンの集客力が弱かったとしても、必ず誰かしらは応援してくれているのだと思って自信をもってレッスンを続けて欲しいです。
また、会員の中には自分が密かに応援を続けてきたインストラクターの人気に徐々に火がついていくことに喜びを感じる人もいます。最初はスタジオがガラガラだったインストラクターが、気付いた時には満席の状態が続いているという過程を楽しめるのもFEELCYCLEの魅力の一つだと思いますし、その点においてFEELCYCLEについて「諦めなければいつかは花開く」ということを教えてくれる素晴らしい空間だと思っている会員も少なからず居ることは事実です。

[PR]

[PR]